パンピーです。


by kilsh
みなはんお久しぶりどすえ。

kilsh君改め鳴夜君です。

明日から暇なときにドラゴンネスト(DragonNest)のブログを記述していこうと思うよ。

詳しくは公式サイトでも見てみてね。

まあいわゆるMO ACT RPGですね。
MMOはもう狩場争いとかで面倒だったりするので、MOだと身内で気軽にできるのがいいね。

オープンベータ2日前に無謀にも体験版を4gamerから出したようです。
こちらはオフライン専用でクエストが2つだけ受けられます。

体験版をやった限りではオフラインでもいいんじゃねってぐらい結構完成度高めな気がします。


↓体験版のSS
c0074310_393970.jpg



一応パッドとキーボードでゲームができるんだけど、
ハンゲームが販売してる専用のゲームパッド以外のゲームパッドは保証対象外らしく、
手持ちのPS3パッドではどうやら反応しないようです。

というわけで、ちょっと面倒ですがJoyToKeyというパッドにキーボードを割り当てるツールを使って設定しました。
やっぱりアクションやるなら面倒じゃないコントローラがいいよね。僕のやつ無線だし。

かなり面倒な設定方法にしてしまったので、ちょっとごちゃごちゃしてますが、
これぐらいが大体許容範囲内かなあってぐらいはまとまりました。


JoyToKey Ver4.1

↓俺が設定したやつ
設定したいジョイスティックの数 4 (これでボタン同時押しが可能)
X軸とY軸以外も使用する ON
POV(ハットスイッチ)も使用する ON
入力のしきい値(入力を無視するあそび) 40%
※0%だとスティックが1mmでも傾いてたら勝手に動く



左アナログスティック 移動
右アナログスティック 視点変更

□ 通常攻撃(左クリック)
× ジャンプ(Space)
○ 回避行動(Shift)
△ 特殊攻撃(右クリック)

← プレイヤーウィンドウ(P)
↓ インベントリウィンドウ(I)
→ スキルウィンドウ(K)
↑ オートラン(E)

スタートボタン アイテムを拾う(F)
セレクトボタン 復活(R)
PSボタン システムウィンドウ(Esc)

R1 オートエイム(NumLock)
R2 スキルスロット切り替え(@)

L1 設定なし
L1+□ スキル1(1)
L1+× スキル2(2)
L1+○ スキル3(3)
L1+△ スキル4(4)

L2 設定なし
L2+□ スキル6(6)
L2+× スキル7(7)
L2+○ スキル8(8)
L2+△ スキル9(9)
※R2を押せば2ページ目のスキル1~4、6~8を使える
 スキル10個全部は厳しいので8個まで設定。
 スキル5と10はSSを見ればわかるけど、5x2で分かれてるので解りやすいように排除。

L1+← コミュニティウィンドウ(O?)
L1+↓ ミッションウィンドウ(U?)
L1+→ クエストウィンドウ(M?)
L1+↑ スクリーンショット(PrintScreen)

L2+← 戦闘状態/非戦闘状態切り替え(Tab)
L2+→ カーソルフリー(Ctrl)
L2+↑ ミニマップ拡大(-)
L2+↓ ミニマップ縮小(;)

R3 180度振り向き(G)


こんな感じかしら。
もうちょっと突き詰めればいい感じになりそうな気もするけど。
仕事から帰って2時間かけて設定するとかバカっぽいのがまたたまらない。

というわけで、準備は整ったので明日を待つのみ。
[PR]
# by kilsh | 2010-05-27 03:23 | ドラゴンネスト

Final Fantasy XIII レビュー

理不尽な運命に抗う人たちの意味不明な用語が多い何十時間も見せられる映画。

全クリとかしてません。
[PR]
# by kilsh | 2010-01-18 15:40 | PS3

デモンズソウル

ゲーム名:デモンズソウル(Demons Souls)
発売元:FROMSOFTWARE

PS3名作ゲー。
大々的に売り込み等をしていなかったにもかかわらず、
大人気作品に成り上がったPS3発のゲームです。国内産。

【世界感】
ダークファンタジー。
全体的に暗く、シュールなゲームになっている。
主人公は「デーモンを殺す人」になり、ダンジョンの奥深くにいるデーモンを殺すために冒険?をする。
なんかそんなかんじ。

【ゲーム性】
主人公は基本的にソウル体という死んだ状態からゲームが始まり、
デーモン(BOSS)を殺すことによって生身の体を取り戻すことが出来る。
当然一度でも死んでしまえばまたソウル体に戻り、生身の体を手に入れるためにデーモンを殺しに行く。
生身の状態でもデーモン殺しに行くんだけどね。

オンライン通信が可能で、オンラインの状態だと他のプレイヤーが地面に残したメッセージを見ることができ、
他にも他プレイヤーの血痕に触れる事で、そのプレイヤーがその場所でどんな死に方をしたのかが再生される。

【青ファントム】
他にも生身の状態に限り、青ファントムとして、他のソウル体のプレイヤーを自分の世界に引き込んで、
一緒にダンジョンを攻略したり、BOSSを倒しに行ったりすることが出来る。
一緒にBOSSを倒すことにより、召還されたプレイヤーは生身の体を手にすることが出来る。
逆に、自分がソウル体の場合、他のプレイヤーの世界に行き、一緒に冒険することが可能。
チャットとかボイスチャットは一切無し。面倒な馴れ合いもないので気軽にボスを倒しに行くことができる。

【黒ファントム】
青ファントムとは正反対で、他のプレイヤーの世界に入り込み、そのプレイヤーを殺しに行くことが出来る。
これにより世界の傾向(白・黒)をある程度調整することができ、
どちらかの傾向になっている状態でしか入手できないレアアイテムなどがある。
単純に嫌がらせ目的で入ることも可。

【生身の肉体】
これをもっている状態だと、HPが100%の状態で冒険をすることが可能。
ソウル体の場合、通常の50%の体力しかない。ある指輪をつければ75%を維持できる。
生身の場合に限り、黒ファントムが自分の世界に進入されることがあり、PK戦を楽しむ事が出来る。
だが、ほとんどはただ面倒なだけ。


とにかく、面白い。
PS3を持っているなら是非一度プレイすべき。
ダークな世界感が苦手だったり、可愛いキャラクターはでないので、そういうのが好きな人は避けるべき。
後は基本死にゲーなので、ヌルプレイをしたい人にはオススメできない。
諦めない心が大事。

後は一部マップがホラーチックだったり、蟲とかヒルっぽいのが出てくる場面があるので、
若干グロ要素が混じってるあたりは要注意。

ゲーム画面が気になる人はニコニコ動画とか公式とか見ればいいと思うよ。
[PR]
# by kilsh | 2010-01-18 15:36 | PS3

仕事中暇なので、

PS3のゲームレビューでもしようと思う。
[PR]
# by kilsh | 2010-01-18 15:14 | PS3
■2009年3月3日 リネージュ無料化決定!
http://lineage.plaync.jp/free/

りねーじゅはじまたwwwwwwwwwwwwwww
[PR]
# by kilsh | 2009-01-31 02:18 | その他ネットゲーム

ラジオd2b

俺がライブに行ったゲームのWEBラジオがあるんです。

で、ライブ後皆で遊んだ後調子に乗ってここにお便り出したんです。
12月30日ぐらいに。

ラジオd2b 第2期(第5回放送)

よwwwwwまwwwwwwれwwwwwwたwwwwwwwww


普通のお便りコーナーに出したのに、
ゲストが登場してる時に唯一読まれた1通になってしまったwwwww
meiyaって名前で出しちゃったハズカシーwwwwww
[PR]
# by kilsh | 2009-01-23 02:00 | 日常ナドナド

激務

残業時間100時間越えたら部長に怒られたあと、
カウンセリングを受けなきゃいけない。

で、あと7営業日もあるのに残業時間が70時間軽く突破してしまった。

やべえあと1日4時間しか残業できねえ。
休日出勤なんてもってのほか。

仕事おわんのかこれ。

とりあえずタイムカードは先切りしよう。

今日も午前4時半ぐらいに仕事上がってタクシー帰宅。

そして1時間ぐらい遊んでたら気づけば午前6時前。

明日は8時起きだ。そろそろ寝よう。
[PR]
# by kilsh | 2009-01-21 05:44 | 日常ナドナド

水平線まで何マイル?

こんちくわ。くそ忙しいkilsh君です。マジ死ぬって。

というわけで、エロゲーレビューです。


水平線まで何マイル? オフィシャルWebサイト

タイトルでなんとなくわかるかと思うけど、空を題材としたストーリーです。
つーかタイトルからして何かすげー名作の予感がしてたんだ。

主人公が在籍している部活「宇宙科学会」。
部費と部室を割り当てられている部活にも関わらず、
やっていることと言えばスキーに行ったり学校に侵入してバーベキューしたりと、
やりたい放題やっているだけのお気楽部活。

そんな問題が浮上し、執行委員会から解散の指示が飛び込んでくる。

短期で成果を上げられなければ即解散。
その案を提出する期間はたったの一週間。

やる気のない部長の鶴の一声で、
世界初"電気と風だけで空を飛ぶ"大会に出場することになった。

全く飛行機に関する知識のないメンバーが集まり、
ライトモーターグライダーという飛行機を作ることになるのだが…。



【システム】

文句無しの100点。
いや、120点。

何が凄いって、フルスクリーン時のワイド画面に対応していること。
今までエロゲーを色々やってきてはいたが、このゲームだけ唯一ワイド対応である。
空を題材にしているため、より一層ワイドが映える。もう綺麗なこと綺麗なこと。

シナリオ上結構難しい用語とか出てくるんだけども、
全て用語集があって、クリック一つで解説文が出てくるのも便利。
一時期スパロボに似たようなのがあったけど、コントローラーと違ってマウスなので
操作性は比べるに値しない。

セーブなども特に問題はなく。

一点問題を挙げるとすると、選択肢が大きめに出るので、
クリック連打してると勝手に選んじゃうあたりか。他のゲームでもいえることだけど。


【ストーリー】

上で簡単に述べているけど、補足。

舞台はちょっと未来のお話。2030年ぐらい?
で、IT系が相当発達している世界。携帯でどこに誰がいるかわかっちゃうぐらい。
個人的にはそれってプライバシーどうなの?とか思っちゃうけど。

それでも、世界初の電気と風だけで飛ぶ飛行機っていう、
新しいようで新しくないものを題材にしている。

未来の物語なんだけども、単純に未来っていうわけでもなく、
そこはかとなく古めかしさも併せ持っている。

結構独特の世界観だと思う。俺は大好き。

ストーリー的には突飛なところはないんだけども、
ほんの少し物足りない感があるかなーとは思った。
けど最初から最後まで綺麗にまとめられてると思った。

【CG・キャラクター】
この塗りは反則。
俺のツボを極限まで押してきやがる。

ただたんに綺麗なだけのCGって見飽きたんだよね。あんまり好きじゃないし。嫌いじゃないけど。
でもこのゲームはどっちかっていうと水彩画のような感じで全体的に統一されている。

キャラクターもベタな性格を持ち出してはいるものの、
独特の世界観にうまく合わさっている気がする。

一枚絵はかなり綺麗。この塗りは反則。


【音楽】

これはもう駄目。ズルイ。
タダでさえ独特の世界観に引き込まれてるっていうのに、
いい意味でかなり耳に残るBGMばかり。

特にメインとなるBGMが何パターンかあって、
力強かったり、透き通るぐらい綺麗だったり、穏やかだったりと。

はっきり言ってレベルが高すぎる。

独特の世界観に合っている上、BGMだけで聞いても正直名曲揃い。

やばいわ。


【総評】

これは秀作。
ただでさえ世界観とBGMでもう満足しちゃうぐらいなのに、
さらにあの塗りと空っていう題材と、何よりワイド対応なのが憎らしい。

このゲームはワイドモニターのフルスクリーンで
プレイしてようやく本領発揮されるゲームだと思う。

いやはや。やばいわ。


高校受験でパイロット養成高校に行かされそうになったことを思い出した。
※山梨、男子全員強制坊主ってだけでやめた。共学だった。
 今思えばそっちに行っておけばよかったと思ったり思わなかったり。
[PR]
# by kilsh | 2009-01-19 02:45 | 家ゲー

沙耶の唄 レビュー

おはこんばんちわ。kilsh君です。

沙耶の唄を触りで途中の分岐エンディングを迎えたのでなんとなくレビュー。
いや、バッドエンディングしかないであろうこの作品中の更にバッドエンドなので、
レビューするほど詳しいわけではないですが…。


沙耶の唄

言わずと知れた俺イズムメーカーのニトロプラスからです。

一言で言ってしまえばグロゲーです。
それもほぼグロです。最初からグロです。


-------------------------------------------
ある日、一家で交通事故に遭い、唯一生き残った主人公。
しかし、奇跡的に一命を取り留めた主人公には軽くない障害が残った。

意識を取り戻した主人公は、あらゆる生体機能が狂ってしまっていた。
味覚、聴覚、触覚。

意識を取り戻した時には視覚もやられており、目が見えない状態だった。
だが、最新の技術を駆使した治療により、主人公は目が見えるようになる。

しかし、主人公が久しぶりに見た景色は一面真っ赤だった。

壁という壁から床、天井に至るまで蠢く肉塊が埋め尽くしていた。
外に出ても変わらず、道路から電信柱に至るまで全てが臓器のようになっている。

触れると生々しい触感で、肉が腐った匂いが常に充満してしまっている。
人でさえ、不思議な声でしゃべりながら、化け物の形で語りかけてくる。

医師の卵であった主人公は、すぐに自分の体にどういう異変が起こっているのかを悟る。

狂ったこの世界でどうやって生きていけばいいのか。
それよりも、どうやって死ぬのが楽なんだろうかと主人公は考えた。


しかし、長い病院生活の中で、一人の少女と出会う。


それが「沙耶」である。


まだあどけなさの残る子供のような姿をしていて、
主人公が唯一「人間」として姿を知覚し、匂いも触れた肌も人間とまったく変わらない。

狂ったこの世界で、唯一の「人間」の姿である沙耶を見て、
この少女が居れば、自分は狂わずに生きていけると感じた。





だが、世界は狂ってしまっているのである。

主人公が「人間」として知覚することができるモノは、
果たしてそれは本当に「人間」であるのだろうか。





世界からおぞましい生物と知覚されている沙耶。
今まで誰一人としてまともな生体と見られたことのない生物。

精神を病んでいる患者の病室に現れ、暇つぶしに脅かして遊んでいた生物。

ある日、精神を病んだ青年の病室に忍び込み、
驚かして楽しもうと思っていたのだが、青年は驚かなかった。

それどころか、自分の姿を見ると、青年は慌てたように話しかけてくる。

「僕と一緒にいてくれないか」
「人を驚かすのではなくて、僕と一緒に話をしないか」

到底人間とはかけ離れた液状の塊のような姿かたちをしており、
腐臭を放つ自分を「可愛い少女」と呼んでくれた。

そんなことを言われたのは今まで生きていて初めてだった。

-------------------------------------------

狂った世界にただ一人、迷い込んでしまった普通の青年と、
正常な世界にただ一人、迷い込んでしまった異常な少女の恋物語。

-------------------------------------------

適当に考えながらこんな感じだろうなあと打ってみたら
なんかそれっぽい文章になってしまった。俺天才かもわからんね(馬鹿

主人公の世界がグロテスクであればあるほど沙耶は美しくなり、
反面、客体的世界では沙耶が一層グロテスクであることを意味しているわけですね。

主人公にとって、沙耶だけが自分の心の支えであり、
沙耶にとって、主人公だけが自分を見てくれる。
お互いを必要とし合うのは当然となるわけです。

こんな狂ってしまった世界で、猟奇的な部分が目立っちゃうけど、
ストーリーの主軸となっているのが、純粋な恋というテーマ。
泣けてくるほど純粋な恋物語ですわ。


本来ならば決して交わることのない一人と一匹?が
恋に落ちていくという物語です。


自分に優しい人を作ろうとして、主人公のカルテをみた沙耶が
主人公の隣の家のオッサンの脳をかき回して、
主人公と同じ症状に陥れるわけなんだけども、

オッサン狂っちゃいましてね、帰ってきた化け物(奥さんと娘さん)を
ぐちゃぐちゃに殺しちゃいましてね、で、家を飛び出したオッサンの前に
沙耶が姿を現すんだけども、化け物を殺した興奮も相まって、
狂った世界に突如現れた可愛い少女を見たオッサンが興奮して
沙耶をレイプしちゃうわけなんですよ。

フフッ…下品なんですけれども、勃起、しちゃいましてね…(ジョジョ

つーか、人を溶かしたりできるんだからオッサンも殺しちゃえばいいのに、
それとも正面からじゃ殺せない理由でもあるんだろうか。


狂った世界っつーのが世界観になるんだけども、
純愛を描くストーリーはなかなかに必見。


ちなみに、カニバリズムとかふつーなので。
生き物の肉しか食わない沙耶だが、
人肉を食べている姿を偶然主人公が見ちゃうんだけども、
世界が全て贓物で覆われている主人公にとって、果肉にしか見えないわけで。
常に腐臭で覆われている世界では、その人肉がハーブのようないい香りなわけで。

普通の食物だと胃が痙攣するぐらい受け付けないんだけども、
初めて人肉を食べた主人公が「悪くない…むしろ美味い」といってむしゃむしゃ食っちゃうわけです。

本当に五感が全て正反対になっちゃうわけですねえ。
部屋が沙耶の匂いで腐臭しかしないのに、いい香りだと思っちゃうとか。


沙耶とセックスしてる時にゃユーザーにとってなんとも言えない気分になるわけですが、
ロリータ好きにはいいんじゃないかしら。


あぁ、相変わらず緑川大先生が出演しとります。主人公。


ではそんな感じで。
[PR]
# by kilsh | 2009-01-15 03:49 | 家ゲー

俺何やってんだろ

って思う瞬間。



c0074310_2562083.jpg

COS-MOS

c0074310_256397.jpg

少女臭のスキマの人

c0074310_2564449.jpg

てんこ

c0074310_2564831.jpg

てんぐ

c0074310_2565367.jpg

ゆゆこ

c0074310_257287.jpg

てゐ!てゐ!てゐ!てゐ!

c0074310_257619.jpg

メイドの人

c0074310_2571217.jpg

ぱちぇ

c0074310_2571727.jpg

えーりん!えーりん!

c0074310_2572916.jpg

もふもふ

c0074310_2574273.jpg

もこう

c0074310_2574927.jpg

ありちゅ

c0074310_2575331.jpg

おぜうさま






ばかじゃねーの!
[PR]
# by kilsh | 2009-01-14 02:58 | 家ゲー